制作事例

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 制作事例
  4. 横断幕制作事例【極真空手大石道場様】

横断幕制作事例【極真空手大石道場様】

販促物とは異なる製品を納品させていただく機会がありましたので、
今日はその事例をご紹介したいと思います。

横断幕・応援バナー

これだけだと少しわかりづらいでしょうか。

じゃじゃじゃん!

お!?
かっこいいですね!

という事で

『極真空手 大石道場』さまの安藤選手の応援幕を納めさせていただきました。

そして!!

10月22、23日に静岡グランシップにて開催された「極真空手 世界大会 World Championship 2016」に出場された安藤選手がこちら!

すごい、迫力です。

極真空手って、防具無しで対戦するものだと初めて知りました。
体と体がぶつかり合った「ガッ!」「ゴツッ!」という音が応援席にまで聞こえるとか。

しかも!
「痛ッ」という感情を顔に出したり、一歩退いたりはご法度。
その素振りは審査員にマイナス評価を与えるので、小さな子どもたちも我慢して相手に挑んでいくそうです…。

極真空手って底知れぬ凄さがありますね。

さて、

安藤選手を応援する道場の方が、実際にこの応援幕が掲げられている写真を送ってくださいました!

どーーーん!

こうして私達がお手伝いした物が実際に掲げられている姿を見させていただくと、私達もとても嬉しいキモチになります。
安藤選手を応援する方々のキモチのほんの一部分だけですが、お手伝いさせていただいたことに感謝いたします。

ちなみに

これは「横断幕」「応援バナー」と呼ばれる製品です。
スポーツ大会やその中継などで目にしたことがある方も多いと思います。

素材はターポリンという塩化ビニル製で、水濡れOK、シワになりにくい為、持ち運びや設置などに気を使わなくても済むという優れもの。

販促の場面では、店舗前の日除け幕やケンスイ幕として使われているもので、素材や作り方は同じなのです。

バナーや旗を使って、選手やチームを応援したいとお考えの方、お気軽にお問合せ下さい。
電話:055-976-0806

極真空手大石道場 清水町・香貫道場事務局の長島さま、この度は、お写真を送っていただきありがとうございました。

関連記事